お見舞いの相場について

病気見舞いの相場について

お金のマナーについて

病気見舞いのお金に新札を使用すると、「用意して持っていた」という感じを与えないために、新札は使いません

ただし、汚れた紙幣は失礼なので、新札に一度折り目をつけて使うことが多いようです。

相手別の金額について

贈り先・・・金額の目安

両親・・・1万円~3万円

兄弟・・・5千円~2万円

親戚・・・5千円~2万円

友人・・・3千円~1万円

近隣の人・・・3千円~5千円

取引先への金額について

贈り先・・・金額の目安

会社関係・・・5千円~1万円

会社内での金額について

贈り先・・・金額の目安

役職のない社員・・・5千円~7千円

主任・係長・・・5千円~7千円

課長・・・7千円~8千円

部長以上・・・8千円~1万円

筆記具のマナーについて

表書きは墨をつけて筆で書くのがマナーです。「毛筆」か「筆ペン」を使って書きます。

万年筆やボールペン、フェルトペンなどは避けましょう。

のし袋や封筒の水引、表書き、名前の書き方について

現金や商品券を持っていく場合は、下記のような祝儀袋に「御見舞」と表書きして入れるか、左側に赤い線が入った封筒に入れて渡します。白い封筒はタブーですので、注意してください。

☆のし袋の水引、表書き、名前の書き方

水引:紅白の結び切り

のし:本来はのしをつけますが、「のし」が「のばす」という意味に受け取られることがあり、付けないことが多くなっています。

表書き/上書き:「御見舞」

表書き/名前:上書きよりやや小さめの文字でフルネーム

のしの書き方:お見舞い

☆封筒の水引、表書き、名前の書き方

白い封筒はタブーですので、ご注意ください。

水引:付けない

のし:本来はのしをつけますが、「のし」が「のばす」という意味に受け取られることがあり、付けないことが多くなっています。

表書き/上書き:「御見舞」

表書き/名前:上書きよりやや小さめの文字でフルネーム

封筒の書き方:お見舞い

☆中袋の書き方について

表側:中央に金額を書きます。ただし、市販のもので金額の記入欄がある場合はそこに書きます。算用数字ではなく、漢字を用いましょう。

裏側:住所と氏名を書きます。こちらも記入欄があればそこに書きます。

中袋の書き方

金額の書き方:金額は漢数字で書きます。表記は正式でも略式でも構いません。

正式・・・略式

金 伍阡圓・・・金 五千円

金 壱萬圓・・・金 一万円

金 弐萬圓・・・金 二万円

金 参萬圓・・・金 三万円

金 伍萬圓・・・金 五万円

金 拾萬圓・・・金 十万円

お返しの金額について

お見舞いのお返しは、いただいたお見舞い金・お見舞い品の額の3分の1から半額程度が金額の目安ですが、同じ品物を全員に贈ってもよいでしょう。

「冠婚葬祭 つきあいとお金」より

「知識ゼロからの喜ばれる贈り物のマナー」より

達磨の紹介について

病気見舞いだるまの紹介

手術のお守り

入院のお見舞い品

厄除け祈願の置物

入院お見舞いの贈り物

お見舞いの寄せ書き

ペットのお見舞い品

退院祝いの贈り物

 

 

陣中見舞いだるまの紹介

選挙事務所への差し入れ

選挙事務所開きのお祝い品

選挙当選祝いの贈り物