お見舞いの言葉について

退院祝いの言葉について

上司への手紙の文例について

ポイント:療養やリハビリには本人の努力も必要です。退院を心から喜ぶ言葉とともに、本人のがんばりをたたえましょう。

小島課長、ご退院ほんとうにおめでとうございます。企画課一同、課長のご退院を、今か今かと待ち望んでおりました。

「人生何が起こるかわからない」と申しますが、ふだん人一倍エネルギッシュな仕事ぶりを見せていらっしゃった課長が、突然ご入院と伺い、ほんとうに驚いたものです。思いがけず長期のご入院となり、課長ご自身も切歯扼腕の思いだったことと存じます。

当初は、右手に軽いマヒが残るかもしれないと伺い、心配していましたが、課長持ち前のがんばりでリハビリに当たられ、ほぼ元通りに回復なさったそうですね。私どもも、胸をなでおろすと同時に、課長の精神力にあらためて感銘を受けたしだいです。

小島課長あっての企画課です。しばらくは、ご無理なさらずに、さらに体調に万全を期され、また私どものリーダーとしてこの企画課をけん引してくださることを願っています。

社長への手紙の文例について

ポイント:退院後の健康を気遣いながらも、一日も早い復帰を願う言葉で、トップへの尊敬と信頼を示します。

社長、ご退院まことにおめでとうございます。

社長のご病気を伺い、手術が必要と知った時には、社員一同大きな心配と不安にかられました。もちろん、社長ご自身のご心中は察するに余りありますし、年度末という時期に現場を離れることも、さぞ無念であったことと思います。

しかし、幸いなことに手術も無事成功し、その後も十町に推移して、当初の予定よりも早く退院の日を迎えられ、ほんとうに喜びに堪えません。

社長ご本人はもとより、ご看病に当られた奥様やご家族の皆様も、さぞご安心なさったことと思います。今日からは、どうかゆっくりお体をお休めになってください。

退院早々ですから、ご負担はかけられません。しかし、やはり社長には、第一線で陣頭指揮をおとりいただき、社内の士気を高めてほしいと存じます。一日も早いご復帰を願い、ごあいさつといたします。

贈り物に添えるメッセージの文例について

・ご退院おめでとうございます。一日も早い復帰をお待ちしています。

・ご退院おめでとうございます。皆様のお喜び、さぞかしと思います。これからのご健康とご活躍をお祈りいたします。

・ご退院おめでとうございます。元気なお姿にお会いできることを、楽しみにしております。

・病気ご全快、おめでとうございます。職場のみんなもあなたの帰りを待っています。一日も早い職場復帰を待っています。

・全快なさって本当におめでとうございます。大変な手術だったとか、お元気になられてなによりです。どうぞ、ご無理をなさらないでね。お互いゆっくりといきましょう。

・さすがの病魔も体力抜群の君にはかなわず、退散したらしいね。 退院おめでとう。自宅でゆっくり休養し愛妻の手料理でエネルギーを補給して、復帰に備えてください。

・病気ご全快と伺い、喜びにたえません。たくましい精神力と体力、そしてあたたかいご家族の励ましがあったればこそと存じます。 職場の仲間一同、一日も早い復帰をお待ちしております。

「短いスピーチあいさつ実例大事典」より

「NTT D-MAIL」より

達磨の紹介について

病気見舞いだるまの紹介

手術のお守り

入院のお見舞い品

厄除け祈願の置物

入院お見舞いの贈り物

お見舞いの寄せ書き

ペットのお見舞い品

退院祝いの贈り物

 

 

陣中見舞いだるまの紹介

選挙事務所への差し入れ

選挙事務所開きのお祝い品

選挙当選祝いの贈り物