厄除け祈願の置物

厄除け祈願の置物である厄除け祈願だるま

厄除け祈願の置物:右側

厄除け祈願の置物:中央

厄除け祈願の置物:左側

招き猫以外の厄年の贈り物におすすめ

こちらの「厄除け祈願だるま」は、

「厄年を迎える男性や女性への贈り物」

「病気平癒のご利益を求める方への置物」

「入院されている方へのお見舞い品」

「メッセージを寄せ書きしてプレゼントするための寄せ書きグッズ」

などに最適な厄除け祈願グッズです。

「厄除け祈願だるま」のお腹には、「厄除」の文字と「厄年を迎える方のお名前」を名入れいたします。

また、厄除け祈願だるまは「身体に不調をもたらす邪気を追い払う効果」「空間に元気を招く効果」があるといわれる、赤色で包み込みました。

さらに、顔の左右には、「病気せず、健康であること」の意味が込められた「無病息災」の文字と、「家族に事故や病気がないこと。家族一同が息災であること」の意味が込められた「家内安全」の文字が書いてあります。

「厄年の時期の間は大病など患うことなく、平穏無事な日々を過ごしてほしい」そんな当店からの思いが、この二つの言葉には込められています。

こちらの厄除け祈願だるまは、厄年の3年間が過ぎ去るまで、飾っていただきたいと思っています。

達磨の取り扱い通販サイトと紹介について

こちらの「厄除け祈願ダルマ」は、「高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。
高崎だるま通販サイト鈴屋の公式サイトへ

病気見舞いだるまの紹介

手術のお守り

入院のお見舞い品

厄除け祈願の置物

入院お見舞いの贈り物

お見舞いの寄せ書き

ペットのお見舞い品

退院祝いの贈り物

 

 

陣中見舞いだるまの紹介

選挙事務所への差し入れ

選挙事務所開きのお祝い品

選挙当選祝いの贈り物

厄除けのマナーについて

意味について

もともとは、平安時代の陰陽道の考えにもとづいて広まったものですが、一般的に、男女ともこの年齢になると、体調の点でも、また社会的役割の点でも大きな変化が起こりやすいため、この信仰がいまだに影響を与えている面もあると考えられます。

地域によっては、干支にもとづき、十二年ごとにめぐって来る生まれ年の十三歳、二十五歳、三十七歳、四十九歳、六十一歳、七十三歳、八十五歳、九十九歳を厄年としているところもあります。

厄年の時期について

☆男性の厄年の時期

厄年というのは、災難や不幸に出会うことが多いとされる男女の年齢を指します。

一般的な男性の厄年の時期は「二十五歳」「四十二歳」「六十一歳」になります。

☆女性の厄年の時期

一般的な女性の厄年の時期は、「十九歳」「三十三歳」「三十七歳」です。

とくに男性の四十二歳は「死に」、女性の三十三歳は「散々」に通じるということで、一生のなかでも大厄とされ、厄年の前年の前厄、厄年の後年のはね厄と合わせて、前後三年間、続くとされます。

方法について

厄除けの方法については色々言われていますが、ここでは一般的な5つの厄除け方法について紹介いたします。

1.佐野厄除け大師、川崎大師、浅草寺の観音様など、とにかく有力な寺社へ参詣して厄除け祈願をしてもらう

2.年頭に、家族や縁者・友人を招いて酒盛りをし、厄を落とす。

3.節分の夜に、身に着けている物を道に捨てる

4.小豆ご飯やお餅、お金などを、十字路、または町からちょっと出たところにポンと捨ててくる

5.餅まきをしたり、果物やお菓子をみんなに配ったりする

「日本人のしきたり」より

「暮らしに生きる日本のしきたり」より

「日本人の縁起かつぎと厄払い」より