お見舞い品のタブーについて

入院お見舞い品のタブーについて

おすすめなプレゼントについて

お見舞いの手土産には、花や果物が一般的ですが、入院中に役立つ実用品もおすすめです。

携帯電話が使えない病院では、テレフォンカードが重宝されます。

また、以前はタオルやパジャマも喜ばれていましたが、最近はタオルやパジャマが支給される病院も多く、入院中の実用品も変わってきています。

お見舞い品の注意点について

日用品は便利な反面、長期入院を連想させるため、かえって相手を不快にしてしまうこともあるので注意が必要です。本人や家族の希望を聞いてから贈るようにしましょう。

食べ物のマナーについて

食べ物を持参する場合、病状によっては食事制限があるので、食事制限の有無を確かめることが必要。果物以外は避けた方が無難です。

ただし、個別包装されているお菓子などは、本人が食べられなくても同室の患者さんに配ることができるため、喜ばれることも

日持ちのするものを選びましょう。

お花のマナーについて

花は見舞い品の定番ですが、花には病気のお見舞いにはふさわしくないものがあります。こちらはタブーとされる花と理由の一覧です。ぜひ、ご注意ください。

なお、最近はアレルギーや感染症の予防から、生花の持ち込みを禁止している病院もあるため、事前に確認をしましょう

鉢植え・・・根づくが寝つくに通じる

紫陽花・・・色が褪せる

椿・・・花がポトリと落下するので、“首が落ちる”を連想させる

・・・葬式を連想させる

ケシ・・・散りやすい

ユリ・・・匂いが強い

クチナシ、ナデシコ、シクラメン、アカシア・・・死、苦に通じる。4本、9本の花束もタブー

渡し方のマナーについて

お見舞いの品はまず本人に見せて、付添いの家族がいれば、その人に渡します。

いなければ本人に断って、空きスペースのある棚か、テーブルに置きましょう。

「冠婚葬祭とマナーの基本事典」より

達磨の紹介について

病気見舞いだるまの紹介

手術のお守り

入院のお見舞い品

厄除け祈願の置物

入院お見舞いの贈り物

お見舞いの寄せ書き

ペットのお見舞い品

退院祝いの贈り物

 

 

陣中見舞いだるまの紹介

選挙事務所への差し入れ

選挙事務所開きのお祝い品

選挙当選祝いの贈り物