お見舞いの寄せ書き

お見舞いの寄せ書きグッズである赤だるま

お見舞いの寄せ書き:右側

お見舞いの寄せ書き:正面

お見舞いの寄せ書き:左側

色紙以外のメッセージグッズにおすすめ

こちらの赤だるまには、普通のだるまには書いてある「願意」や「お客様の名前」などは、一切書かれておりません。ですので、お買い求めになられたお客様ご自身の手で、お書きになってください。

こちらの赤だるまは、通常のだるまとしてお買い求めになるのももちろん結構ですが、

「お見舞いのメッセージを寄せ書きしてプレゼントする寄せ書きグッズ」

「普通の色紙以外にお見舞いの言葉を書くための寄せ書きグッズ」

「大人数のメッセージを書くための寄せ書きグッズ」

「入院されている方へのお見舞い品」

などとしてお買い求めいただくのもおすすめです。

☆赤色について

赤色には、「身体に不調をもたらす邪気を追い払う効果」と「空間に元気を招く効果」があるとされています。

☆最初にしていただきたいこと

商品をお買い求めいただきましたら、まずは、目の左右やお腹に、お好きな願意や個人名などを、お書きになってください。

☆名入れを希望される場合について

なお、こちらの商品には、名入れが何もされておりませんが、あらかじめ「病気平癒」や「復興祈願」などの文字や、「個人名」などを記載してほしいという場合には、オーダーメイドだるまとしてお作りしますので、ご注文時にご連絡くださいませ。

達磨の取り扱い通販サイトと紹介について

こちらの「赤ダルマ」は、「高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。
高崎だるま通販サイト鈴屋の公式サイトへ

病気見舞いだるまの紹介

手術のお守り

入院のお見舞い品

厄除け祈願の置物

入院お見舞いの贈り物

お見舞いの寄せ書き

ペットのお見舞い品

退院祝いの贈り物

 

 

陣中見舞いだるまの紹介

選挙事務所への差し入れ

選挙事務所開きのお祝い品

選挙当選祝いの贈り物

お見舞いのマナーについて

メッセージの書き方について

励ましの寄せ書きは、独断的な表現や過ぎた同情、説教じみた内容になっては逆効果。

また、羨望をあらわすことで相手を励ますことはある意味では効果がありますが、やはり行き過ぎた表現ではしらじらしくなってしまいます。

「苦」「死」「四」「九」「枯れる」「落ちる」「滅びる」「流れる」「終わる」「別れる」「重なる」「去る」「長い」「再び」「また」「繰り返す」「重ね重ね」「まだまだ」「いよいよ」「根付く」「庭木」

といった言葉は絶対に使わないこと。

メッセージの文例について

・ご病気お見舞い申しあげます。ご病状はいかがでしょうか。一日も早いご回復を、心からお祈りしております。

・ご病気その後いかがでしょうか。心からお見舞い申しあげます。 病は気からと申します。早く良くなって、元気なお姿をお見せください。

・お体の具合は、いかがですか。ご全快を祈念し心よりお見舞い申しあげます。一日も早く、お元気なお顔を拝見したいと願っております。

・ご容態はいかがでしょうか。遠方のためお見舞いに伺えず申し訳ありません。一日も早いご回復、ご退院をお祈りいたします。

・ご病気の具合はいかがですか。遠く離れているため、ただ心配するばかりです。どうか十分ご加養のうえ、一日も早いご回復を祈っております。

・ご入院されたと聞き、案じております。徹底した検査を受けられ、十分なご養生をなさいますように。しばらくご静養なされば、前にも増してお元気になられることでしょう。

・突然の事故のお知らせ、ショックです。おけがの具合は、いかがでしょうか。一日も早くご回復なさいますよう、心よりお祈りいたします。

・交通事故のお知らせに、とても驚いています。おけがは、いかがですか。早く元気になって、お目にかかれることを祈っています。

・「交通事故」と聞いて、一瞬目の前が真っ暗。幸い軽傷で済まされた由、ほっとしました。仕事のことはご心配なく、十分養生なさってください。お留守の間、一同力を合わせて頑張ります。

・お子様のご病気お見舞申し上げます。

・その後病状はどうですか。くれぐれもお大事に願います。

・病気の報に接し、早く全快されますように祈ります。

・病気入院の報に接し、全快の早いことを祈ります。

・病気お見舞い申し上げます。くれぐれもお大事に。

「NTT D-MAIL」より